農家の皆さまへ

農家の皆さまへ

飛騨高山おいしいお米プロジェクトでは下記の栽培暦(オリジナル)を参考にプレミアムなコシヒカリ「その、一粒のために。」を栽培しています。
各資材は複数登録されていますが、すべてを使用するのではなく組み合わせて施用となります。近似成分資材が存在しているのは、結成当初会員各々の使用資材を調査し、最大公約数として1~3種類の資材を選択したためです。


窒素成分の施肥量を抑えることが最初のポイントとなります。 参考まで。